ツナと青じそのおにぎらず

image_print

 

食材名 使用量(g) エネルギー(kcal) たんぱく質(g) カリウム(mg) リン(mg) 食塩相当量(g)
ジンゾウ先生の
でんぷん米1/15
100 344 0.5 Tr 18 Tr
でんぷん米用もち粉 5 19 0 1 Tr Tr
(このみでごま油) 3滴 Tr 0 0 0 0
170
ツナ缶(水煮フレーク) 40(汁を含む) 28 6.4 92 64 0.2
マヨネーズ(卵黄型) 5 34 0.14 1 4 0.12
青じそ(2枚) 2 1 0.08 10 1 0
焼きのり 3 6 1.2 72 21 Tr
合計   432 8.32 176 108 0.32

【 作り方 】
① でんぷん米は前の食事の後に準備しておく
  炊飯器の釜に分量の水ともち粉を入れてよく溶かし混ぜ、でんぷん米1/15を手で一握りずつ全体に振り入れる。(お好みでごま油3滴を加える) そのまま蓋をして保温のスイッチを入れ、6~8時間おく。炊ければさっと混ぜる。(前日の夜にまとめて保温炊きしておくと便利です)
② ツナは軽く汁をきり25g(少し汁気があるぐらい)をはかり、マヨネーズと合わせる。青じそは茎を落とし、水けをふく。
③ 焼きのりを敷き、ご飯を半量、青じそ、ツナ、青じその順に載せ、残りのご飯をのせる。
④ 焼きのりの角を中央に向けて合わせてご飯を包み、焼きのりがしっとりしたら半分に切る。

image011《ワンポイントアドバイス》
「チーズとおかかのおにぎらず」「ビビンバおにぎらず」もあります。

「びわこ腎臓病食研究会のレシピ 20161120」

ad2 

 

Comments are closed.